ふかふか取引所 - ネットコンテンツから日々のお役立ち情報までわかりやすくお届け

記事本文

ド素人でもプロ並みの写真を撮影!SONYのデジカメ『RX100M3』が素晴らし過ぎた

『フォーカス』『絞り値』『露光補正』

なにそれおいしいの?

…なんて、カメラや写真の知識なんてこれっぽっちもない私がカメラを買おうと思ったのは、職場の先輩が、自身のデジカメで撮った写真を自慢してきた時。

正直カメラなんてスマホで十分だろ…なんて思っていた私ですが、先輩の写真を見てその考えは一変しました。

めっさ綺麗( ゚д゚)!  

正直舐めてました。もう人物とか背景とかクッキリ色鮮やか過ぎて、スマホとは比べ物にならないくらい、同じ風景でも全く別物と言っても良いくらい綺麗な写真が撮れていました。

私自身、海外旅行が大好きなので旅先でよくスマホで写真を撮ったりしています。しかし先輩にちゃんとしたカメラで撮った写真を見せられて以来、自分が旅先で撮ってきた写真を見返すたびに『うわっ、俺の写真しょぼすぎ…』なんて思うようになっちゃったわけです。

…俺もカメラ欲しい(´・ω・`)

そう思った私は、早速カメラに詳しい先輩におススメのデジカメを聞きに行きました。

私の出した要求は以下の3つ

①小さくて軽くて持ち運びやすいサイズ

⇒一眼レフみたいに重くてゴッツイのは、持ち運び辛くてイヤだから

②10万円以下のやつ

⇒さすがにカメラに10万以上は出したくない

③めんどい設定しなくても綺麗に取れるやつ

⇒正直カメラの専門用語なんてぜんぜんわかんないから、とにかく簡単にきれいな写真が撮りたい

以上のわがままな条件を先輩に出したわけです。そんな都合のいいカメラなんてねぇよな…と自分では思っていましたが、ダメもとで。

すると、だったらこれが一番ええよと、親切な先輩から予想外の返答がありました。( ゚д゚)マジか

私が出した条件に全て当てはまるカメラ、それが今回紹介するSONYの…

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

だったのです。

(購入時点での価格は税込80,000円でした)

※この記事ではRX100M3の詳しい機能については紹介しません(ってか初心者なのでできません)あくまで初心者なりに感じたことを書き連ねていきます。

各機能について詳しく知りたい方は、RX100M3の公式ホームページでどうぞ。

めちゃくちゃコンパクトでシンプルなデザイン

先輩に勧められて早速RX100M3を買ってみた私ですが、箱を開けてみて最初の感想が『ちっせぇ!』でした。マジで手のひらに収まる大きさです、ポケットに入ります。そしてデザインもシンプル。まさに私好みのデザインでした。

▼ホントにコンパクトなので持ち運びが全く苦になりません。スマホとおなじくらいの間隔で持っていけます

▼デザインも変にごちゃごちゃせず非常にシンプルでカッコイイ!いろんな意味でソニーっぽいとかんじますねぇ

別にカメラに限らないんですが、本体が変にゴツゴツしたデザインだったり、意味不明なボタンが所狭しと並んでいるのって個人的に嫌いなんですよ。だって分かりにくいじゃないですか。

シンプル is the ベスト!

ということで、まずデザインとコンパクトさは合格ですね(何様だよ)

しかしここで私にちょっとした不安点が生まれたのです。

(´・ω・`)< コンパクトなのは大歓迎だけど、ちょっと小さ過ぎね…?

(´・ω・`)< めっちゃ綺麗な写真って、なんかめっちゃゴツイカメラじゃないと撮れないんだろ?こんな小さなデジカメでホントに良い景色撮れるのか?下手すりゃスマホとあんま変わらないんじゃ…

めんどくせえな俺。

しかしこんな疑念も、実際に写真を撮ってみたら一気に吹っ飛びました

めんどくさい設定一切なしで、プロ並み(?)の写真が撮れた!

デジカメを買った私は早速風景を撮ってみることにしました。

撮影時の設定について調べてみると、どうもこの『RX100M3』には、撮影対象、場所、周囲の暗さなどなどを考慮して、その場その場で自動的に最適な撮影設定にしてくれるプレミアムおまかせオート』なる機能が付いているらしいじゃないか!

▼『プレミアムおまかせオート』にするには、カメラ上部の回すやつを黄色のカメラアイコンに合わせるだけ

▼このアイコンが『プレミアムおまかせオート』

RX100M3は非常に細かい設定が可能らしいけど、初心者はひとまずこの『プレミアムおまかせオート』にしておけばOKとのこと(公式HP)

めんどくさがりでカメラの設定なんて何も分からない私は、迷うことなく速攻このモードにしました(多分今後もこのモードにし続けるだろうな…)

そしていざ撮影

▼まずこれがスマホ(iPhone7)で撮ってみた写真(撮影場所は近鉄『石切駅』裏手の階段から見た大阪の夜景)

..うん、まあ知ってた。スマホで夜景なんて無謀だってことをね…。

そして同じ景色が『RX100M3』ではどのように撮れたかというと…

▼RX100M3で撮影(場所は同じ)

※『プレミアムおまかせオート』、『JPG+RAW』で撮影

マジかよ( ゚д゚)

この違いヤバくないですか?正直舐めてました

▼RX100M3で撮影した別の写真(場所は大阪の交野山にて)

何度も言いますが、私はフォーカスなどのカメラ用語なんて一切知りません。そんくらいのド素人です。そんな私が、

・初めてデジカメを買い

・設定めんどくさいのでつまみを『プレミアムおまかせオート』にして

・適当にパシャリ

それだけでこんな写真が撮れちゃったんですよ。このカメラ凄くないですか?

▼料理の写真もこの通り。めっちゃおいしそうに撮れました。

これはもうスマホで写真を撮る気なんて起こらなくなりますわ。俺は一生このカメラを使い続けるよ(´∀`)

カメラ初心者でめんどくさいこと抜きに綺麗な写真が撮りたい人にはマジでおすすめ

ということで、私のように

・めんどくさい設定大嫌い
・小さくてシンプルなデザインが好き
・10万以上かかるようなガチなカメラが要らない
・でも綺麗な写真が撮りたいの(´∀`*)

っという欲張りな人には、私は本気でこのカメラを推したいと思います

今回の記事では、あえてRX100M3の細かな設定や機能について触れていません(めんどくさかったからじゃないよ!)何故かというと、綺麗な写真がホントに簡単に撮れちゃうので、設定についてとやかく説明する必要が無いからです。

最近はインスタグラムに投稿する写真を撮るために、ちゃんとしたデジカメを買う人が増えていると聞きます。そういった方々の中にはカメラに詳しくない人が多いと思います。その場合は、購入するカメラに迷ったら是非ともこのカメラを検討してみてくださいね!(゚∀゚)

買っておいた方が良い周辺アクセサリー

最後に、RX100M3を買う際に、一緒に購入しておいた方が良いアクセサリーをご紹介。

①SDメモリーカード

これは必須です。RX100M3を購入した際にデータ保存用のメモリーカードは付いてこないので、自分で別途購入する必要があります。

ちなみに↑の64GBのSDカードで、大体5,000枚くらいは保存できます。

②コンパクト三脚

これもある意味必須。特に夜景などを撮る際には手振れが命取りなので、風景を綺麗に撮りたい人は買っておきましょう。

ここで、あまり大きいものを買っても持ち運びに不便です。かといって小さすぎても安定性に欠けるので、以下のサイズあたりがちょうど良いかと思います。

③液晶保護フィルム

↑カメラ裏面のモニターは非常に指紋が付きやすいです。指紋が気にならない人もいるかとは思いますが、それでもキズ防止などのために、液晶保護フィルムの購入をお勧めします。

以上です!

みなさんも充実したカメラライフをお楽しみください!

先輩に感謝((´∀`))